398回目の歩き
日付(曜日) 2006年11月10日(金)
天気 晴れ
同伴者 途中から荒井
コース ・京王線高尾山口駅→ケ−ブル→薬王院→琵琶滝道→二本松から妙音道→京王線高尾山口駅
コメント 高尾山パ−トナ−の平井さんが、中国からもらってきた風邪にやられてダウンしたので、本日は一人歩き。

○400回を目前にして私的行事の下見をかねて、登りはケ−ブリカ−で上がった。本山の本坊で昼食を取ろうと部屋に入ったら友人の荒井さんに出会った。帰路は同道して琵琶滝道を下りた。
なんと、私の大好きな「妙音道」が通れるようになっていた。これからはこの道に何度もお世話になることだろう。

○11月とは思われない、暖かな日が続いている。この分だと今年の紅葉はあまり期待できないかも?
権現茶屋の前で坊さんの一行にであった。
お釈迦様が悟りを開いた日を記念して高尾山で毎年八王子周辺のお寺の住職達が宗派を超えて合同で成道会という儀式を行うのだそうだ。
ちなみに高尾山は真言宗。
正式な成道会の日は12月8日だそうです
いつも秋になると参道にキノコを売りに出ているおばさん。今年も健在のようだ。
秋のシ−ズンに備えて、茶店も準備万端。

「健康歩きの証」満行のご褒美に、薬王院からお弁当をご馳走になれるので薬王院の食堂に行ってみたら、友人の荒井さんに出会った。
荒井さんは数年前にくりちゃんが高尾山歩きに誘ったら、その後やみつきになって週に4回のペ−スで来ている。既に19回の万行を達成していた。
下山は琵琶滝道を下りた。
二本松と称する分岐路に,
今まで柵があって妙音道に入れなかったが、今回みると数年ぶりに柵が取れて、入れるようになっていた。
東京高尾病院の前を通って妙音橋に出る。
途中の難所?にも新しい木橋が設置されて、歩きやすくなっていた。
琵琶滝道にはいる近道が復帰したのだ。この妙音道は短いが雰囲気のある道で、ここが通れるようになったのは誠に喜ばしい。バンザイ!!