411回目の歩き
日付(曜日) 2007年3月21日(水)
天気 晴れ
同伴者 平井
コース ・JR高尾駅→徒歩でサクラ保存林→JR高尾駅
コメント ○気象庁がサクラの開花予想の大チョンボをやらかして、さくら好きの国民みんなが惑わされ、何となく拍子抜けの心持ちだ。そこで、今回は早咲きの桜を見にサクラ保存林を散策した。

○彼岸の中日とあって高尾駅は老男老女でごった返していた。高尾は霊園のメッカだから駅の内外にはお供え花やおはぎなどの売り場が並んでいた。霊園行きバスもいつもの駅前から移動して甲州街道沿いのバスストップから臨時が出ていた。

○サクラ保存林に1700本もある樹で咲いていたのはほんの数本。早咲きの寒桜はすでに盛りを過ぎ、特殊な樹だけに花がついていた。完全な端境に当たった。

○帰りはいつもの高尾そばで軽くやって帰ったが、今日ばかりは行列ができていて待たされた。店長さんいわく「1年中で一番忙しい日だ」そうです。
園内は閑散として人気はまばら。
後10日もすれば身動きがとれないほどの人出になるのに。
開花はまだまだ、10日後の4月上旬が見頃か!
「大寒桜」も散りかけ。
園内にて
この一角にはベトナムからの留学生のグル−プがお弁当を広げていた。
この樹だけが満開。
英国産の「ムシャザクラ」。
昨年までは炭焼き小屋だったが、今は喫煙所になっていた。ま、煙の種類が違うだけか